News 最新情報

【Weekly Post】バレエレッスンの極意

YTJスタッフによる教育コラム
- 素晴らしい目標を提案し、目標に向かってチャレンジできる環境を整える -
 
 
長い夏クールもあっという間に終わり、今日から直リハ期間となりました。
 
先週、夏クールラストの終わりに、メンバーが「バレエが今ダンスの中で1番楽しい!って思うくらい、バレエが大好きになりました!」と話をしてくれました。
 
私がYTJで勤務を始めた当初、バレエに対してして苦手な気持ちを持っているメンバーがいて、大変残念に感じたのを覚えています。数年経ち、まさか1番楽しいと感じてくれるまでになるとは…当時の私に教えてあげたいです!
 
私は7歳からバレエを始めて、子供の頃はバレエ漬けな毎日を過ごしていました。バレエを続けてかなり年数が経つにも関わらず、大人になった今でも「バレエって難しい」と感じることばかりです。
 
 
YTJでバレエレッスンをする中で、私が1番大事にしていることが「好きになる!興味を持つ!体で感じて他のダンスに生かす!」です。
 
この3つ、バレエレッスンを持った時にはクール初回に必ず伝えています。
 
まずは好きになる。
ただ、無理に好きになれ!というのではなく、いかにメンバーがバレエを好きになれるか!私の腕の見せ所です!笑
 
おかしな形を真似したり、正しい形を色々な例え話を使って伝えたり、時には私の絵心0な絵を使って身体の使い方を話したりと、年齢やクラスによって使い分けながらレッスンをします。
 
解剖学を学んでいたこともあり、年齢層が上の選抜クラスには解剖学を交えたレッスンをするとそれはそれは興味津々!体が変わっていくのを自分で感じる!とワクワクした目で話してくれます。
 
 
バレエのパにはフランス語の意味が沢山込められているので、パの意味や名前も沢山沢山伝えます。
 
好きになると興味を持ちます。
興味を持つと知識が増え、頭で色々考え、体がどんどん変わり、出来ることが増え楽しくなりますよね!
 
 
そしてここからが大切。
他のダンスにどう活かせるのかをレッスン内で沢山話します。コンテンポラリーやジャズ、、JYDFやミュージカルのダンスにバレエレッスンで学んだことをどう生かせるか?ヒントを沢山伝えています!
 
「バレエが苦手・好きじゃない」から始まったメンバーが今は大好きと言ってくれるまでに成長し、大変嬉しい締めくくりな夏クールでした。
 
直リハ期間はバレエレッスンがありませんが、学んだことを是非この夏の本番に生かしてくれたら嬉しいです。
 
 
 
スタジオマネジメントグループ 白石

TOP