News 最新情報

【Weekly Post】キッズレッスンでの自己流極意

YTJスタッフによる教育コラム
- 素晴らしい目標を提案し、目標に向かってチャレンジできる環境を整える -
 
自信をもって取り組んでいるレッスン。
それは、キッズのレッスンです。とくにキッズ(PK/C)については自分の指導や言葉かけ、声掛け、向き合い方が
非常に素直にメンバーたちの成長や態度に見られるのでやりがいを感じています。
 
自分的に大切にしている極意をご紹介します。
(正解不正解は諸説あるかと思います。あくまで自分で見つけた極意です。)
 
 
★上からにならない。もはや同じ目線。
一緒にふざけて、一緒に心から笑って、面白がります。
床に倒れて笑うみたいなヨシモトな動きよくします。
 
★ちゃんと説明する。
なんでダメなの?ダメを続けたらなにがおこるの?これができたらどうなるの?
近い未来や少し先の未来の話、そしてもしもの話をして想像してもらいます。
 
★泣いてたら、昨日の話をする。
お母さんと離れたくないメンバーや何かあったのか、悲しそうなYTJメンバー。
「昨日晩御飯何食べた?」と聞きます。答えてくれないこともたくさん。
ピンクとブルーのメモを見せて「どっちにしよう?」と聞く。
「ちょっとティッシュとってきてー!」とにかく関係ないこと話します。
 
★選択肢を伝える
落ち着きのない、動き回るメンバー。
ここに座るか、バレエバーの前に座るか、あそこに座るか。どれがいい?
ストレッチはやらないで、クロスフロアだけする?
ストレッチして、クロスフロアしないで、お歌の時戻ってくる?
全部やらないまたは帰るという選択肢がないことに気づいてるのかどうか、、、
惑わされて、どれかを選んでくれることがほとんどです。
 
★帰っていいんだよ。
なかなかなメンバーがいたら、これも使います。
「別に止めないよ、帰る?お母さん呼ぶ?」
え?まじ?となってレッスンに戻ってくる子もいれば、「うん!帰る!」となる子も。
そうなったら「いいよー!」と伝えます。
「みんな帰ってもいいんだけどここにいるって決めて、頑張るって決めてるんだよね。
すごいね。○○さんも一緒に残って△△をしたら楽しいのにな。先生うれしいな。
お母さんもうれしいな。こんな風に頑張りましたって終わってからお母さんに○○さんのこと先生言いたいな」
それでも帰る!って言ったら、止めません。
じゃあ来週はこれしようねと約束の宿題や、カードを渡します。
 
★ゆびきり
めっちゃ使います。約束。
来週ここにシールはってきてねやドラえもんを描いてきてねと
カードを渡すのもまた来てもらうのに有効ですし、
指切りも歌って契りを結ぶと効果あります。
 
★指示は工夫する
「5秒以内に時計におはようって挨拶してバレエバーにやさしくタッチして帰ってきたらワン!て言って座って」
みたいな意味わからないことをたまにいうと、
次の動きや指示が通りやすくなります。
 
・ちゃんと座って⇒前を向いてつま先とおへそを同じ方向に!
・しっかりもって⇒ぎゅー!!!ってもってみて
・ちょっとまって⇒○○がおこるまでストップ!
・しずかにして⇒アリさんにきこえるくらいの大きさで
・さわっちゃだめ⇒ツンならいいよ笑 けど、見るだけだったら最高!
・まだですか?⇒あと10秒でお願いします!
 
すでに何回かここでキッズレッスンのことを
書かせていただいていますが、
改めて自分は何を大事にしてるかな?とまとめてみました。
 
前述しましたようにキッズは素直に私たちの熱意を反映してくれます。
ですが逆に、どんな影響も受けやすいということ。
言葉だったり態度だったり、メンバーたちにとって負の要素がないか?誤解させてないか?なども気にしながら、
楽しく元気に向き合っています^^
 
マスクを取り始めてさらにかわいいメンバーたち!
これからもレッスンと成長が楽しみです!
 
 
スタジオマネジメントグループ 北田

TOP