News 最新情報

【Weekly Post】演技について

YTJスタッフによる教育コラム
- 素晴らしい目標を提案し、目標に向かってチャレンジできる環境を整える -
 
皆様お世話になっております。
今回のブログは演技について書かせて下さい。
 
私が先日(子供 学校 演技かダンスか歌)を検索したら出てきたヒット数で、面白い傾向があることに気づきました。
 
演技、歌とダンスがそれぞれ占めているヒット数の割合で言うと、
国内ではざっくり、歌:70% 、ダンス:27% 演技:3%(←びっくり!)でした。
 
「えっ!3%!?日本で演技に対する関心度がそんなに低いかぁ!」と思いましたが、
比較する為に英語での検索もしました。
 
その結果は、演技:60% ダンス:31% 歌:9% 
なんと!「順番が逆じゃないですか!」と見て思いました。
その理由の背景にはおそらく文化の違いなどの要素があると思うのですが、演技:国内ー3%と国外60%の割合で、かなりの違いでしたのでちょっとショックでした。
 
 
YTJでは英語台本歌詞、シーンスタディー、PK基礎とミュージカル(この2レッスンに関しては演技の要素が入らない可能性がありますが)のレッスンがあり、それらのレッスンで演技に触れる事が出来ます。
 
YTJメンバーがまだ演技というものをたくさん体験出来ていないと思いますので、
ぜひこの際に演技の魅力を伝えさせて下さい!
 
<魅力その1>
演技を学ぶとダンスも歌も上手くなります!
実際に演技のワークショップやレッスンにダンス専門の方も参加される事は決して珍しくありません。演技を通して表現力が身に付くものですので、パフォーマーとしてもおすすめです!(その逆も同様で俳優にとっても歌やダンスに触れる事で成長できるとされています)
 
<魅力その2>
人としての成長:想像力、他人に共感できる力、発信力、リスニング力。
演技をするにあたったはexternal(どうやって)とinternal(why)のアプローチがあるのですが、最終的にはあるキャラクターがなぜ行動するのかを考える事になります。このように考えていくと現実世界の人の行動の背景にも関心を持って、共感できるようになります。
 
また、自分とかけ離れた環境と経験を持つキャラクターを演じるにあたっては、その人の暮らしや人生を想像する必要があります。もちろん原作がある作品ならそれを読みますし、またはYTJProメンバーの鳩川さんがこの前の舞台の為になさった様に、演じている役が住んでいた場所を訪問できるなら、それもしますけど、想像する事が役のリサーチにおいては非常に重要な事です。
 
また演技をする時は自分というものに目を向ける必要があります。
「私」の好きなものや嫌いなもの、その役と似ている・違っているところを考える俳優もいます。役との接点が見つけられると、その点から始めて、その役の人生がより親しくなってきて、そしてその自分にとって現実ではないキャラクターの人生の中でも、自分の小さな真実を見つける事が出来ます。
 
つまり、演技で自分をより知り、発信(表現)出来ます。
また、相手の話をちゃんと聞く事ができるようになると思います。言い換えればシーンを練習している時は集中力を鍛えています。(勉強中の私が言うのもあれなのですが!笑)
 
これからの社会では想像力がとても大事な要素になるとされている。そして発信する事と聞く事も、つまり「コミュニケーション力」が人間関係の軸となっており、人の人生を左右するくらい重要な事です。
 
<魅力その3>
とにかく楽しいです!!子供の時に自分がヒーローや探偵だと思って想像の中でワクワクと遊んだ事がある方がいるのではないでしょうか。違う環境で普段と違う服を着たり、普段出来ないような面白い事をしてみたり、違う言葉や言い方をする事が出来ます。
 
また、社会人なら時に不自由に思える社会から一息が出来て、弱い自分、普段表に出さない自分を物語のキャラクターを通して健康的に開放できます。
 
 
以上、自分なりに演技の魅力を3点でお伝えしましたけれど、如何でしたでしょうか。
また、演技に興味がある方、一度してみては如何でしょうか。
 
以上になります。
最後までお読みいただき頂きありがとうございました。
 
 
制作運営本部
ブリック

TOP