News 最新情報

【Weekly Post】表現っていつ身につくの?

YTJスタッフによる教育コラム
- 素晴らしい目標を提案し、目標に向かってチャレンジできる環境を整える -

 

皆さんは成長過程において、
いつ表現力を身につけているのか気になったことはありませんか?

大人になっていくにつれて、
たくさんの人やものに触れ知識を得ていくと思いますが、
人生においてどの時期が一番習得しやすいのかと感じたことはないですか?

 

私は、大学在学中に上記の内容について、ダンスとの関係性も含め、調べていました。

子どもの成長には「スキャモンの発達曲線」というものがあります。

その曲線に合わせて考えたとき、
何歳までにどういったことをすれば表現を身に着けることができるのかなどを研究しました。

 

実際には発育には4つのカテゴリーがあると考えられています。
・一般系
・リンパ系
・神経系
・生殖器系

 

その中でも「神経系」が身体表現の発育に著しく関わっています。

神経系が最も発育されるのは2歳~6歳とされており、
その時期にスポーツなどに取り組むことが望ましいとされています。

 

今回はダンスに着目します。

 
現在、子供にダンスをさせたい方が増えてきています。

理由としてリズム感の習得や身体表現の習得があげられますが、
実際に保育園でのアンケートで、
そのような機会や施設・団体を保護者の方が知らないという現状が多いということが分かりました。

 

2~6歳の時期に著しく発達する神経系を、
環境がないからの理由で失ってしまうことのもったいなさを感じています。

 
YTJでの年中年長クラスではそのような発達に貢献できる環境だと思っています。

より多くの方に知って頂き、
子どもたちの成長の手助けができればと感じています!

 
 

制作運営本部 
江良 2021.11.23

TOP