News 最新情報

【Weekly Post】『可愛いは作れる ~自然に笑えるための3つのアプローチ~』

【Education Column】
YTJスタッフによる教育コラム
-「素晴らしい目標」を提案し、
目標に向かってチャレンジできる環境」を整える-

タイトルだけ見ると、某化粧品の広告のようですが。。。(笑)

普段、受付やラウンジでメンバーとお話をするとき、非常に素敵な笑顔を見せてくれるメンバーが多いのですが、
踊り始めると途端に真顔(眉間にしわが寄る)のメンバー達。

本人達は必死に頑張って踊ってくれているのですが、
どうしても、その顔は可愛くないなぁ、と思ってしまいますよね。

普段は笑えるのに、何かパフォーマンスになると笑えない。
もしくは、作り笑顔になってしまう。

パフォーマンスの内容によっては、「笑顔」を求められないことも沢山あります。
しかし、
笑顔<真顔
のほうが得意なメンバー達が多い中、

これを少しでも解決してあげたいな、
自然な笑顔で踊れるようになってほしいな、

と、色々アプローチをしております。

その1。

ポーズの際に、「にこっ!」と言葉を添える
→幼稚園生メンバーに有効です。
にこっ、に反応して、笑ってくれます。
そして、ずっと繰り返していると、メンバーから、
「にこっ!」を言ってくれるようになります。

その2。

「みんなの真似するよ」と伝えて、眉間にしわの寄った状態で踊る。
→メンバーから、「ぶさいく~(笑)」、「コワい~(笑)」
と言ってくれます。
すかさず、みんなの顔まねだよ~。
と伝えると、「あ!」となります。

その3。

楽しかったこと、可笑しかったことを思い出して笑って!
→スタッフが誰よりも大きい声で笑います。
そうすると、メンバーもつられて笑いが大きくなります。
そのタイミングで、
「その顔とっても素敵!それで踊って~」
と伝えると、照れてハニかみます(この顔もむちゃくちゃ可愛いです!)

直リハ期間に入ると、通常レッスン期間以上に
「笑って~!顔が怖いよ!」と何百回も言っておりますが、、、
「笑って~」と言っただけで笑えたら、メンバーもスタッフも苦労しません(笑)
私の目標は、
「直リハの中で、笑って!!」
と言わなくてすむようにすること。

直リハまであと1カ月。
ダンスや歌を覚えること同じくらい
笑顔になることが普通、となるよう、
アプローチを続けていきます。

制作運営本部
藤村 2021.6.30

TOP