News 最新情報

【Weekly Post】『Where does trust come from?』

If someone asked you, “do you trust the people around you?” it would be easy to say yes. But how much do you actually trust them? If that trust was deeper, how would that affect your life?

Let me give an example.

Does anyone know contact improv? Its a postmodern improvised dance form, and as with physical theatre, weight sharing is common. In order to literally lean on another person, trust is necessary.

For example, here is a fun activity:
1) Have 4+ people stand in a tight circle (so tight they can easily touch each other)
2) Have one person stand in the middle
3) The people in the circle raise their hands to catch the person in the middle before they fall
4) The person in the middle crosses their arms over their chest, closes their eyes, and falls slowly in a random direction
5) The person who happens to be in the direction they fall in catches them before they have fallen far (basically while they’re just mildly leaning) and gently pushes them in a different direction
6) They then fall in that direction, that person catches, them and gently sends them elsewhere, repeat

Basically, its an activity where the person in the middle surrenders their weight and balance to those around them.

I did this with a group of actors and it went great. Then I did with a group of other friends and it went less well. The problem wasn’t that someone fell, it was that the person in the middle didn’t surrender their body weight fully.

In order to fully lean on others, you need to keep your body straight from your feet to your head. But my friends would move their hips around. Without even realizing it, their body was not trusting the other people and was thus compensating to try to prevent them from falling. Even if they believed their friends would catch them, their body didn’t.

So why did it work better with the actors? Are actors better friends? Maybe, but more likely, it’s because actors are more conscious of their bodies than the average person. And that consciousness comes from study, practice, and hard work. The point here is that expressing trust can require study, practice, and hard work.

Its easy to say “I trust you” but how do you know you are not subconsciously making decisions that betray that your trust is more limited than you both consciously realize? In order to have a team which trusts each other better, effort, study, and practice may be necessary.

So next time you are on a team, feel free to think about this concept if you want!

Thank you.

**********************

タイトル:信頼はどこから来る?

今、誰かに「自分の周りの人を信頼していますか?」と聞かれたら、「信頼する」と簡単に言えるかもしれないですが、
本当にどれぐらいその人のことを信頼していますか?
もし、お互いとの信頼を深めたら、お互いにどんな影響がありますか?

例を挙げます。

皆さん、「コンタクトインプロビゼーション」を聞いたことありますか?
ポストモダンの即興のダンススタイルです。
コンタクトインプロビゼーションもフィジカルシアター(体が中心の演劇)にも、
自分の体重を他の人にかけることで成り立つ1種のダンススタイルです。
そのために、互いに信頼をすることが必要です。

例えば、これらのシンプルな動作があります:
1)4人以上の人が小さな円で立ちます
2)円の中心に1人が立ちます
3)円の人が皆、手を前に出して、中心の人の支える準備をします
4)中心の人が手を腕組みにして、目を閉じて、ゆっくりと適当な方向で倒れます
5)倒れる方向に立っている人が倒れる前に、他の方向に優しく押し返します
6)中心の人は目を開けずに、その方向に倒れ始め、4番~5番を繰り返します

つまり、中心の人が自分のバランスと体重をすべて周りの人に委ねるというアクティビティです。

これを1回、役者のレッスンで一緒だった友達とやってみて、とても素晴らしかったです。
他の日、他の友達ともしてみましたが、満足にはできなかったです。
何が違うというと、人をキャッチしなくて、転ばせたことではなくて、
真ん中の人が周りに体重を他の人に全く委ねることができませんでした。

体重をかけるために、体を足から頭まで全部真っ直ぐにする必要がります。
しかし、僕の役者ではない友達とはできませんでした。
つまり、「誰かを信頼する」と言っても、体がその人を信頼していないから、
自分を守るために、無意識に体が体重をかけまいと、体勢を戻そうとしました。

でもなぜ役者の友達とはできたのでしょうか?
役者の方がいい友達だったのでしょうか?きっと、理由はそれではないと思います。
役者は自分の体についての意識が、普通の人より高いのは事実だと思います。
なぜかというと、役者は演技の練習をし、勉強し、そして努力をするからです。
つまり、信頼を示すために、意識、練習、勉強、努力が必要な要素となります。

「あなたを信頼するよ」と簡単には言えますが、
無意識で「信頼をしていない行動」をしてしまう可能性があります。
それで、信頼が強いチームを作るために、
意識、練習、勉強、努力を実行することが必要なのではないかと思います。

皆様のこれからのチームワークに、この概念を参考にしていただければと思いましたのでシェアさせていただきました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

メディア事業本部 戦略開発室
Gregory 2021.6.3

TOP