News 最新情報

【Weekly Post】『Aquarium』

【Education Column】
YTJスタッフによる教育コラム
-「素晴らしい目標」を提案し、
目標に向かってチャレンジできる環境」を整える-

 

Last year my son started to take care of fish in a little aquarium.
He started with a very small aquarium and just two small fish.
At one point the biggest fish started to attack the smaller one all day long.
We felt sorry for the smaller one and had a little family meeting.

What to do..
A-let nature take it’s course and do nothing
B-separate them for ever (get a second aquarium)
C-separate them for a day (put the big fish in a little pot next to the aquarium)
D-separate them for a day (put the small fish in a little pot next to the aquarium)
E-separate them for a long time
etc.

It was funny how all three of us had a different opinion, but in the end we went with option E and put the big fish in a smaller bowl next to the big aquarium. He kept looking at the big bowl…
And after putting the big fish back in the aquarium after a while he didn’t attack the small fish anymore.
He had learned his lesson in jail.. lol
And the small fish got bigger from finally not having all its food stolen.

I love to draw parallels and was analyzing the situation from the start.
It was as if in the same household there are republicans and democrats.
Especially the “let nature take its course” and “let’s do something” divide in our family was interesting.
Not that there is a right answer, which is why we have political parties and elections in the first place.
Taking turns setting the rules and explaining their viewpoints.

We do that at YTJ every day.
Every term, in each class, the members get to select the group leader. That leader will listen to the opinions of all the members and make decisions that the group agrees with. I think it is a very valuable experience for a child. Sometimes they’ll fail, but 3 months later it all starts over again and it’s a chance to do better.

Thank you for reading till the end!

 

*********

昨年、11歳の息子がアクアリウムで魚を飼い始めました。2匹の小さな魚です。
ある日、大きな魚が小さな魚を一日中攻撃し始めました。
私たちは小さい方を気の毒に思い、家族会議をしました。

私たち家族は何をすべきか..

A-自然のまま、何もさせない
B-永遠にそれらを分離します(2つ目のアクアリウムを用意します)
C-1日それらを分離します(アクアリウムの隣の小さなアクアリウムに大きな魚を入れます)
D-1日それらを分離します(アクアリウムの隣の小さなアクアリウムに小さな魚を入れます)
E-長い間それらを分離する
など

私たち3人全員が異なる意見を持っていたのはおもしろかったですが、最終的にはオプションEを選択し、大きなアクアリウムの隣にある小さなボウルに大きな魚を入れました。

その一匹の魚はずっと元のアクアリウムを見続けていました・・・

そして、2週間後に大きな魚をアクアリウムに戻した後、彼はもう小さな魚を攻撃しませんでした。

小さな魚は、最終的に自分の食べ物がとられなくなったため、大きくなりました。

私はいくつかの選択肢を比較したりすることが好きで、最初から状況を分析していました。
特に「自然に任せる」と「何かをしよう」という家族の意見が分かれたことは面白かったです。
これには、正しい答えがあるわけではありません。

私たちはYTJで毎日そういったことを行っています。
各学期、各クラスで、メンバーは皆グループリーダーを決定したりします。 そのリーダーは、メンバー全員の意見に耳を傾け、グループが同意する決定をします。

それは子供にとって非常に貴重な経験だと思います。 失敗することもありますが、3か月後にはまた新たに再スタートができ、より良い結果が得られることもあるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

戦略開発室
Sam 2021.2.12

TOP