News 最新情報

【Weekly Post】『叱った時と注意した時と褒めた時子供の心に何が残るか?』

【Weekly Post】
-YTJスタッフによる情報発信コンテンツ-

 

In PK class and C class, some members sometimes joke around a lot, and some members can’t remember choreography very well. Just scolding, warning, or praising them can lead to completely different results.


“Why can’t you do it? “Why don’t you understand?” “You have to learn the choreography or you won’t be able to participate…” Have you ever heard that before? Other ways to say it are the same, but I think it’s better to think about how you can say it without hurting someone’s feelings.


I am careful about what I say when I pay attention to them, but I don’t praise them often enough, so I want to focus on praising each member more this year.


Praise is important for children. Whenever you give a warning or praise, you need to explain what you did and what you were able to do. Even praise for small things can lead to motivation for the individual. If you scold, the individual will lose their identity and not want to go to the lesson. However, praising everything is also a no-no.


Don’t hold back and say good things you couldn’t do, it’s better to find things you could do and praise them. “It’s better to praise the things that are done, and say, “You did a great job doing ____ today.
When you scold, it leads to the idea that the child is a bad person and can’t do anything.
When you praise, you need to tell the child why and how you are praising. Praise is important not only for what has been done, but also during the process.
There are two types of praise: 1. a sentence that begins with “You” (or “you”), “You did a great job today, Mr. XXX! ➖In the child’s mind, “Sensei, you’re looking at me. I/we can do it. I’m great. I’ll work harder tomorrow.” 2.


2. The document starts with I (staff). ”I’m proud of you because you could do it/worked hard to be able to do it” “I’m happy that you ○○○○” “I’m surprised that you ○○○○ I’m glad you’re happy” “I’m surprised you’re surprised” ➖ be much more emotional to the child.
More praise, more motivation.


If you are not careful about how you phrase your praise, it can lead to bad consequences.
Here are some examples of good written praise:
-I have more information now than in the previous lesson.
-You practiced and learned what was wrong, great!
-You’re getting better and better every week, you’re getting prettier and prettier.
-I did a lot of work today.
-You’re better than last time.
-I knew you could do it.
I thought you could do it. -You should be proud of yourself, you’ve done so much.


Note: Never use words such as “better than you,” “better than you,” or “more beautiful than you.


Be careful about what you say when you praise and when you warn.


 

**************


 

PKクラスやCクラスには時々、集中できないメンバーや、振り付けがあまり覚えられないメンバーもいます。

ただその時に「叱るか・注意するか・褒めるか」によってそれぞれ異なる結果につながります。
「なんでできないの?」「なんでわからないの?」「振り付け覚えないと出られないよ」などなど、、、メンバーに聞いた事ないでしょうか?
他にも同じ意味で、伝え方がことなる言葉もありますが、メンバーの心を傷つけないようにどのように言えるか考えるべきだと思ってます。


私は、メンバーに注意をするときに言葉に気をつけます。しかし、褒める事が少ないなと思ったので、今年はメンバーの事をもっとみて褒められるようにしたいと思います。


子供には褒める事が大事です。
注意するときも、褒める時も「どうして」「何をしたから」「何ができたから」という説明が必要です。
小さい事でも褒めることで本人のモチベーションにつながります。


ただ、なんでもかんでも褒めることはNGです。
叱った時は、自信がなくなってしまい、レッスンに行きたくなくなります。
出来なかった事を言うのではなく、できた事を見つけて褒めた方が良いです。
「今日は○○事ができたね、頑張ったね!」- モチベーションにつながります。


叱る時はメンバーの事を悪く思うと、成長できない考え方・思考につながります。
褒める時は「どうして褒めるか」の理由が伝わらないといけません。褒めるのはできた事や結果だけではなくて、プロセス中(経過)も大事です。
「褒める」は2つ種類があります。
1. あなた(何さん)から始まる言葉⇒「○○さん今日○○がんばりました!」- メンバーの心の中は『先生私の事をみてる。私/ぼくできる。私が偉い。明日もっと頑張る。』
2. 私(スタッフ)から始まる言葉⇒
「私はあなたがそれをできて/できるように頑張っていたことがとても誇らしいです!」
「私はあなたが○○○○して嬉しいです」
「私はあなたが○○○○になってびっくりしました!」- メンバーによく感情が伝わります。
もっと褒めれば、もっとモチベーションにつながります。


ただ褒める際の言い方に気をつけないと悪い結果につながる事もあります。
褒める時の良い言葉の例:
•前のレッスンよりもっと上手になりました!
•○○さんは間違ってた事を練習して覚えることができました、偉い!
•毎週レッスンに参加するたびに上手になってます!もっとキレイになってます!
•今日はたくさん頑張りました!
•前回より上手い!
•あなたはできると思いました!


注意: ○○さんより上手、、、○○さんよりキレイにできたなど、「誰より」という言葉を使ってはいけません。


注意するときも褒めるときも言葉に気をつけましょう。


以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

制作運営本部
Nataliia 2021.1.21


																			

TOP