News 最新情報

【Education Column】『全力コミュニケーション!!』

【Education Column】
YTJスタッフによる教育コラム
-「素晴らしい目標」を提案し、
目標に向かってチャレンジできる環境」を整える-


新年あけましておめでとうございます!
皆さま素敵な年末年始は過ごせましたでしょうか?

例年と違って大人数で集まったりはできない年越しとなりましたが
この1年が皆さまにとって幸せな1年になりますように…!

2021年最初のColumnなので
いつもより少し真面目なお話しします!

実は大学の4年間保育科で子どもの勉強をしてました!
4年間のなかで私がすごく印象に残っている研究のお話をします。

きっと聞いたことがある方が多いと思う内容ですが
このご時世に少し関係してくる話なので
興味ある方は是非読んでみてほしいです!

子どもは物事の判断を自分自身で行うことが出来るようになるまで
一番そばにいる人間、ほとんどの子どもは母親の表情から物事の判断をするといわれています。

とある2つの実験の話をします!

①子どもとずっと笑顔で楽しそうに遊んでいた母親が
突然無表情になったらどうなるのか。
多くの赤ちゃんははじめは母親の気を引こうと
様々なアクションをとるのですが母親がずっと無表情だと
最終的にはほとんどの赤ちゃんが泣き出してしまう結果が出ています。

②子どもを台の上に乗せて、台の端に母親が立ち、
子どもを呼んでもらいます。
子どもは母親に向かって進み始めるのですが
台の途中に穴が開いており、透明の板がのっているので進むことはできるのですが
子どもは透明の板の上を歩けるという判断ができない為止まってしまいます。
その時穴の奥にいる母親が笑顔で
「大丈夫だよ」「こっちに来れるよ」と声を掛けると子どもは進み、
反対に怖い顔で「だめだよ」「危ないよ」と声を掛けると
そのまま動かなくなってしまうという実験がありました。

今新型コロナウイルスの影響で日々の生活でマスクの着用が当たり前になっています。
マスクをつけていると顔の半分が見えなくなってしまうため
相手がどんな顔をしているかわかりません。

大人は声色や話の雰囲気で相手の感情を少しは読み取ることが出来ますが
子どもはどうでしょうか。

食事も対面でできず
思いっきり遊ぶこともできず
触れることもできなくなっていて
この環境で育つ子供たちが
将来大人になったときにどういった人になるのか、
私の息子はまだ2歳ですが
なんでも吸収しやすい年齢でもあるので
これからのことを考えると心配でなりません。

そんな私はマスクをしていても息子に不安な気持ちを与えないように
芸人並みのオーバーリアクションで
日々息子とコミュニケーションをとっています!(笑)

喜怒哀楽を全身全霊でやってます!(笑)

これ家で一人でやってるとたまに切なくなるんですが(笑)
目だけの表現より断然いいだろうと信じて
息子と全力コミュニケーションをとってます!

きっとYTJにいる人たちは全身の表現が得意な人が多いはず!
レッスンに来てくれているメンバーのマスクの下に
少しでも笑顔が増えるようにどうか楽しい気持ちを伝えてあげてほしいです。

YTJだからこそできることの一つでもあると思います。
子ども達がYTJに通っているから笑顔になれた、
前向きな気持ちになれたと思ってもらえるような環境であれたらと思い
今回このColumnを書かせていただきました。

全力コミュニケーションは日々の運動不足の解消にもなりますよ!(笑)

関東では緊急事態宣言が発令され
なかなか元通りの生活に戻りそうにありませんが
前向きな気持ちで!みなさまと一緒に乗り越えていきたいです!

まとまりないですが
最後までお読みいただきありがとうございました!

2021年もよろしくお願いします!

制作運営本部
太田 2021.1.16

TOP